全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2016年10月30日

「朝飯前/お茶の子さいさい」を英語で


とっても簡単なことを日本語では「朝飯前」とか
「お茶の子さいさい」などと言いますが、
英語にも似たような表現があります。

一番有名なのは以下でしょう。

 a piece of cake

これは直訳すると「一切れのケーキ」ですが、
簡単に食べられちゃうことから「とても簡単なこと」という意味になりました。

これ以外にも類似の英語表現があります。

 as easy as pie

これはケーキではなくパイの方ですね。
最近はあまり使わないとか。

次はこれ。

 easy peasy
 easy-peasy


主にイギリスで使われるとか。
「peasy」単独の意味は不明ですが、
これで「とても簡単なこと」になります。

アメリカでは以下の英語が俗語としてあるそうです。

 duck soup

直訳は「鴨のスープ」ですが、由来はよくわかりません。
「容易に騙せる人」という意味もあるので、
ターゲットの「カモ」から来ているのかもしれません。

以下の英語表現もあります。

 a walk in the park

直訳は「公園で散歩」という意味です。
公園で散歩するのは「簡単なこと」から来てるのだと思います。
安室奈美恵の曲に同名の曲がありますね。
どちらの意味で使われてるのかは知りませんが。
(たぶん、本当に公園で散歩の意味)

なお「簡単」という意味ではありませんが、
「ささいなこと」という意味の英語に、

 small stuff

というのもあります。


posted by 英語ハナシタイ at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

「お待たせしてすみません。」を英語で


誰かを待たせたときに謝る場合、
以下の英語表現を使います。

 I'm sorry to have kept you waiting.
 (お待たせしてすみません。)

「have」を使ってるのは、
待たせたことが完了したという意味の現在完了として使っています。

長く待たせた場合は、

 I'm sorry to have kept you waiting for so long.
 (長くお待たせしてすみません。)

のようにします。

引き続きお待たせ中の場合は以下の英語表現になります。

 I'm sorry to keep you waiting.
 (お待たせしてすみません。)

このように「have」を使わないで表現します。

「to」の代わりに「for」を使うこともできます。

 I'm sorry for keeping you waiting.
 (同上)

なお「have」を使わない以下の2つですが、

 I'm sorry to keep you waiting.
 I'm sorry for keeping you waiting.


人によっては、

 I'm sorry to have kept you waiting.

と同じように使うこともあるそうです。


posted by 英語ハナシタイ at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

「お使いをお願いできますか?」


お使いなどちょっとした頼みごとを英語でする場合、
以下のような表現を使います。

 Can you run errands for me?
 (お使いお願いできますか?)

「errand」は「使い」「使い走り」「用足し」という意味です。
「run」と共に単数形や複数形で使われることが多いです。

 run an errand
 run errands


逆にお使いを頼まれた方は、

 I('ve) got some errands to run.
 (お使い事があります。)

 I have errands to run.
 (同上)

などとします。

「errand」を使わない場合、
以下のような英語表現もあります。

 Can you go to the store for me?
 (お店までお使いしてもらえますか?)

この辺は決まった表現はなく、
いろいろな表現があるようです。


posted by 英語ハナシタイ at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

「年齢/身長/体重制限はありますか?」を英語で


「〜制限」を英語で表現するには、

 〜 limit

とします。

例えば「年齢制限」なら、

 age limit

「身長制限」「高さ制限」なら、

 height limit

「体重制限」「重さ制限」なら、

 weight limit

のように使います。

重量制限は、

 load limit

とすることもあるようです。

では英語の例文です。

 Are there age limits?
 (年齢制限はありますか?)

制限があるかどうか尋ねるときはこのように表現します。

この英文ではlimitを複数形にして使っていますが、
単数形を使ってるケースも見かけます。

使い分けはいまいちよくわかりません。。


posted by 英語ハナシタイ at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他