全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2016年09月04日

「altogether」と「all together」の違い


「altogether」という英語がありますが、
単に「all」と「together」をくっつけただけで
「all together」と同じ意味と思ってる方がいるかもしれません。

しかし両者の意味は少し異なります。

まず「all together」ですが、
これは副詞で「みんな一緒になって」という意味があります。
(形容詞的に使われる場合もあるそうです)
英語の例文です。

 Let's sing a song all together.
 (みんな一緒に歌いましょう。)

複数のものが1つのグループになる感じです。
「all」と「together」を並べただけなので意味は単純で理解しやすいですね。

次に「altogether」です。
こちらも副詞で使われますが、いくつかの意味があります。
1つ目は「まったく」「完全に」という強調の意味です。
「completely」に置き換え可能です。
Collins COBUILD Advanced Learner's Dictionaryの例文を引用させてもらうと

 His tour may have to be cancelled altogether.
 (彼のツアーは完全にキャンセルされなければならないかもしれない。)

のように使われます。

2つ目の意味は「総計で」「全体で」「全部で」という意味です。
「in all」「all told」「in total」などと同じ意味です。
これは「all together」と意味が似ているので混乱しやすいです。
英語の例文です。
こちらもCOBUILDから引用です。

 省略〜, with a total of five thousand military personnel altogether.
 (全部で5000人の軍人)

「a total of」と重複している気もしますが、
「総計で」という意味で「altogether」が使われています。

こちらは複数のものが1つのグループとして扱われているというよりは、
カウントアップしていった”総計”を表現しています。
グループの中には個々のものがありますが、こちらはその辺は考慮していません。

なお以下のように「all together」「altogether」の両方使われるケースがあるようです。

 How much is it all together?
 (全部でいくらですか?)

 How much is it altogether?
 (同上)

観点は少し異なりますが、以下のようにどちらも「全部で」と訳せます。

all together 「みんな一緒になって」→「全部で」
altogether 「総計で」→「全部で」

ちなみに英語の掲示板に「all together」と「altogether」のどちらを使えばいいかは、
「all」を省いてみて意味が通じるかどうかで判断するとよいとの意見がありました。
「all together」がふさわしい場合は、「all」がなくても意味が通じるそうです。

例1
  Let's sing a song all together.

→allを削除する

  Let's sing a song together.

→「allがなくても」意味が通じるので「all together」

例2

 His tour may have to be cancelled altogether.

→all(al)を削除する

 His tour may have to be cancelled together.

→意味が通じないので「altogether」


posted by 英語ハナシタイ at 14:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他