全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2016年07月31日

「クレジットカードは使えますか?」を英語で


海外では日本に比べてクレジットカードがよく使われますが、
小さな店や宿では使えないこともあります。

クレジットカードが使えるか聞く場合、以下の英語表現があります。

 Do you accept credit cards?
 (クレジットカードは使えますか?)

 I'd like to pay by credit card.
 (クレジットカードで支払いたいのですが)

「accept」は「take」でもOKです。

「クレジットカードで払う」は英語で

 pay by credit card

です。
「by」は「with」にすることもできます。

 pay with credit card

ちなみに「現金で払う」は英語で、

 pay in cash

です。こちらは「in」を使います。

特定のカードに対して確認するときは、

 Do you take this credit card?
 (このクレジットカードは使えますか?)

のように「this」などを使います。

Visaカードが使えるか聞く場合は、

 Do you take Visa?
 (Visaは使えますか?)

とします。


posted by 英語ハナシタイ at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

「例えば」を英語で


英語で「例えば」というと、

 for example

を思い浮かべると思いますが、
もう1つよく使われる単語があります。

 for instance

です。

両者はほぼ同じように使うことができますが、
「for instance」の方がややフォーマルのようです。

また英語掲示板では以下の意見もありました。

・「for example」は例を列挙するときに適している。

・「for instance」は特定の出来事を挙げるときに適している
 (「instance」は「実例」という意味がある)
 
・「for example」はいろいろある種類の例のうち、一部の種類を紹介

・「for instance」は同じような種類の出来事のうち、一部の出来事を紹介

上記のような意見はあったものの、決まったルールはないようです。

また、よく使われる表現として、

 e.g.

というのもあります。

これはラテン語の「exempli gratia」の頭文字をとったもので、
「for example」と同じ意味になります。

SNSやyoutubeのコメントなどでもよく見かけます。

最後に「例えば?」と質問するときの英語表現です。
会話で以下がよく使われます。

 Like what?
 (たとえば?)

シンプルで使いやすいですね。


posted by 英語ハナシタイ at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

「現実を直視する」「冷静になる」を英語で


少し堅い言葉ではありますが、
今回は「現実を直視する」という英語表現を紹介します。

さっそく英語の例文です。

 We need to pull our heads out of the sand.
 (我々は現実を直視する必要があります。)

WEBニュースでも使われていた表現です。

直訳すると「砂から頭を出す必要がある」ですが、
要は、現状を見直し、いったん今の考えや思想から離れて考え直せということです。
「冷静になれ」「考え直せ」「逆上するな」「思いあがるな」などの意味になることもあります。

ポイントとなる部分は、

 pull our heads out of the sand

ですが、これは似たような英語表現も多く、
「pull」が「get」「take」「keep」になったり、
「sand」が「oven」「ass」「cloud」になったりします。

例)
 take your head out of the oven
 get your head out of your ass
 pull your head out of your ass
 get your head out of the clouds
 keep your head out of the oven


「head」を使うところは共通していますね。
「keep」は「keep one's head」だけで「冷静になる」という意味もあります。

なお「keep your head out of the oven」ですが、以下の訳もあるようです。

 「最悪ではないが、状況は悪い

例えば、

 keep my head out of the oven

とすると、

 「状況はあまりよくないねぇ

といった意味にもなるようです。

情報があまりなかったので、詳細は不明ですが、
オーブンに頭を突っ込むことは自殺を意味するようで、
とりあえず最悪の事態ではないが、良くはないといった
感じだと思います。


posted by 英語ハナシタイ at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

「時代遅れ」を英語で


今回は「時代遅れ」を英語でどのように表現するかまとめてみました。

以下のような単語があります。
・old-fashioned
・obsolete
・out-of-date
・unfashionable
・outdated
・out of fashion
・archaic


正直似たような英語が多く、
ネットで調べてもみんな混乱しているようでした。
意見も様々で、使い分けを正確に把握するのは難しそうです。

いくつかあった意見では、

・old-fashionedは、ときにポジティブな意味で使われる。
 (他のunfashinableやoutdatedなどは主にネガティブに使用)

・old-fashionedは、かなり昔に流行ったものに使われる。(時代を感じさせる)
 (一方unfashionableは今流行でない場合など。)

・unfashionableは、昔流行ったとは限らない。
 (服装に関してはダサいという訳もあり)

・obsoleteは「廃れた」という意味で、今ではほとんど見かけない。
 新しいものに置き換わっていたりする。
 (他の単語は時代遅れだけど、見かけたりはする。)

・archaicは、old-fashionedに近い。
 (あまり見かけない単語なので、使用頻度は低いと思います。)

・最新式のものが出てきたら、それ以前のものはoutdatedになる。
 (時代の古さは関係なし)

などなどです。

なかなか使い分けるのは大変そうですね。
また服装に対して使うと意味合いが違ってくるのかもしれません。


posted by 英語ハナシタイ at 09:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他