全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2017年02月21日

airline, airway, carrier, plane, airplane, aeroplane, aircraft, jet, flightの違い


飛行機に関連する英語はたくさんありますが、
それらの違いについてまとめてみました。

まず「airline」と「airway」です。

両方とも「航空会社」を示します。
以下のように複数形で使われるのが普通です。

 Japan Airlines
 (日本航空)

 British Airways
 (ブリティッシュ・エアウェイズ)

「airlines」と「airways」の違いですが、
以下のような説がありますが、実際は航空会社がどちらを選ぶかによるみたいです。

・「airlines」はアメリカ、「airways」はイギリスで使われる
・「airways」は「airlines」に比べて規模が小さい

「航空会社」を示す英語に「carrier」というのもあります。
これは「運送会社」を示すもので、航空会社だけでなく海運や陸運なども含みます。
正確に航空会社を示す場合は「air carrier」と言います。
格安航空のLCCは「Low-cost carrier」の略です。

ちなみに国を代表する航空会社のことを「flag carrier」と言います。
日本語でも「フラッグキャリア」という言葉で定着しています。

次に「plane」「airplane」「aircraft」「jet」です。

括りの小さい順に「jet」から説明します。
「jet」はその名のとおりジェットエンジンを使用した「ジェット機」のことです。

「airplane」は、ジェット機だけでなくプロペラ機なども含む飛行機全般のことです。
主にアメリカで使われる英語です。
似たような英語に「aeroplane」がありますが、これはイギリスで使われている単語です。
現在では「airplane」もスタンダードになっているとか。

「plane」は「airplane」「aeroplane」のインフォーマルな言葉です。

「aircraft」は「航空機」のことです。飛行機だけでなく、気球、グライダー、飛行船なども含みます。
ちなみに「空母」は「「aircraft carrier」と言います。

最後に「flight」です。これは「飛行便」という意味です。
例えば「私の乗る飛行機」を英語にする場合、

 my airlines
 my plane


とは言わずに、通常は、

 my flight

と言います。


posted by 英語ハナシタイ at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

強い拒否を表す「Nothing doing」


かなり前になりますが
「断る/お断りします」を英語で)という記事を書きました。

前回紹介していなかった英語表現がありました。
以下の表現です。

 Nothing doing.
 (お断り!/無理!)

これは「No」の強調であり、強い拒否を示します。

実は「Nothing doing」はもう1つ意味があります。
成果が上がらないとき、結果がだめだったときに

 Nothing doing.
 (全然だめだ)

のように使います。
文字通り「何もしていない」から来てるのだと思います。

拒否なのか、結果がだめだったことを報告しているのかは、
文脈で判断する必要があります。


posted by 英語ハナシタイ at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

「私たちの乗る飛行機は2時間後に出発します。」を英語で


飛行機の予定を英語で伝えるには、
以下のような表現を使います。

 Our flight leaves in two hours.
 私たちの乗る飛行機は2時間後に出発します。

日本語では「飛行機」となっていますが、
ここでは「plane」とはせず「flight」を使っています。
日本語でも「フライト」と呼びますね。

次に「出発する」ですが、
こちらは「leave」を使います。
未来の話ですが「will leave」や「be going to leave」などではなく、
「leaves」のように現在形としています。

確定したスケジュールを英語にする場合、
現在形でも未来のことを言うことができるためです。

「2時間後」は「in two hours」です。
「〜時間後」は「after 〜 hours」ではなく
「in 〜 hours」のように「in」を使います。


posted by 英語ハナシタイ at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

「save」と「rescue」の違い


「救う」という意味の英語に「save」と「rescue」があります。
両者の違いを調べてみました。

まずジーニアス英和辞典の「rescue」には以下の説明があります。

 「rescueは救出行為に、saveは救出の結果の安全に重点がある」

これを読んでもピンときません。

なかなか情報がありませんでしたが、
だいたい以下ではないかと思います。

@緊急性があるかないか

「rescue」は緊急性がある場合に使われる。(救助隊が出動する場合など)
「save」はどちらでも使われる。

Aフォーマルかインフォーマルか

「rescue」はややフォーマル
「save」はややインフォーマル


緊急性が高くても「Rescue me!」より「Save me!」の方が適してるようです。
日本語だと「救助して!」と「助けて!」の違いに似てるのでしょうか。


posted by 英語ハナシタイ at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

「ぴたりとついて運転する」を英語で


車を運転していると、後ろにぴたりとついてくる車があります。
英語でそのような様子を、

 tailgate

と言います。

「tailgate」は動詞で「前の車にぷたりと運転する」という意味があります。

英語の例文です。

 Don't tailgate.
 (ぴたりとついて運転しないように)

「tailgate」は名詞では「車の後ろのドア」のことを表します。
後ろのドアとは、後部座席のドア(rear door)のことではなく、
ハッチバックのように後ろの荷物を置く部分にあるドアのことです。
底の部分からパカッと開くようなものを「tailgate」と呼びます。
アメリカでよく使われる英語のようです。

アメリカにはスポーツの観戦前に広い駐車場などで
「テールゲート・パーティー」とよばれるパーティをします。
車の後部を利用して、試合の何時間も前から
BBQをしたりビールを飲んだりするそうです。


posted by 英語ハナシタイ at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

「〜に囲まれている」を英語で


海や山あるいは仲間に囲まれている状況を英語では、

 be surrounded by 〜

という表現を使います。

英語の例文です。

 My hometown is surrounded by a lot of mountains.
 (私の故郷はたくさんの山に囲まれています。)

モノではなく人に囲まれているときにも使うことができます。

Quietdriveというバンドの曲「Every Day」には以下の歌詞があります。

 Even though I’m surrounded by people I love and know.

直訳だと、

 愛して、よく知る人たちに囲まれているのに・・

という感じでしょうか。

この曲は「YOUは何しに日本へ」でもかかっていました。
結構好きな曲です。




posted by 英語ハナシタイ at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

「今日は何日ですか?」「今日は何曜日ですか?」を英語で


海外旅行をしていると曜日や日にちの感覚がなくなることがあります。
そんなとき英語で質問するには以下の表現を使います。

日にちをたずねる場合

 What's the date today?
 (今日は何日ですか?)

曜日をたずねる場合

 What day is it today?
 (今日は何曜日ですか?)

 What day is today?
 (同上)

 What day is it?
 (同上)

上記英文のように、
日にちをたずねる場合は「date」
曜日をたずねる場合は「day」
を使います。

以下の英語のように「date」と「day」を入れ替えるのは、
文法的には正しいですが、通常は使わないそうです。

 What date is it today?
 (今日は何日ですか?)

 What's the day today?
 (今日は何曜日ですか?)


posted by 英語ハナシタイ at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

「一掃する」「総なめにする」を英語で


「sweep」という英語がありますが、
これは掃除などで「(ほうきなどで)掃く」という意味で知られています。

この英語ですが、
スポーツやゲームなどで「圧倒的な強さで勝つ」「一掃する」という意味もあります。

野球で「スウィープ」という言葉を聞いたことがありませんか?
3連戦で全て勝つことを言います。
この「スウィープ」は「sweep」のことです。

「sweep」にはもう一つ「総なめにする」という意味もあります。
賞やタイトルを「総なめにする」ときに使われます。
例えば、先日CNNのニュースで以下の英文が見出しに使われていました。

 Golden Globes 2017: La La Land sweeps awards

これは2017年のゴールデングローブ賞の結果を伝えたものですが、
映画「ラ・ラ・ランド」が作品賞、監督賞、作曲賞など多くを受賞したのを、
「sweep」を使って表現しています。

余談ですが「総なめ」は漢字では「総嘗め」と書くみたいです。


posted by 英語ハナシタイ at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

「通行止め」「運転見合わせ」を英語で


成人式やセンター試験のこの時期、
大雪が降って道路が通行止めになったり、電車が運転見合わせになったりします。

今回「通行止め」と「運転見合わせ」の英語です。

まず「通行止め」ですが、英語では、

 be closed to traffic

と言います。

英語の例文です。

 The road is closed to traffic because of heavy snow.
 (その道路は大雪のため通行止めです。)

次に「運転見合わせ」です。
以前にも紹介していますが、おさらいです。

以下の英語を使います。

 be suspended

「suspend」は「つるす」とか「一時中断する」という意味があります。

英語の例文です。

 The railroad service has been suspended.
 (電車が運転を見合わせています。)

電車の電子掲示板にもよく「suspended」が表示されているのを見かけます。


posted by 英語ハナシタイ at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

「有望な」を英語で


将来を約束されたような有望な人のことを英語では、

 promising 〜

と表現します。

「promising」は「有望な」「期待できる」という意味です。
英語の例文です。

 He is a promising baseball player.
 (彼は有望な野球選手です)

この他「up-and-coming」という単語もあります。

 She is an up-and-coming singer.
 (彼女は有望な歌手です。)

小さな辞書には載ってないこともあります。
あまり一般的な単語ではないのかもしれません。

ちなみに「有望な」とは少し違いますが、
「有能な」という単語には以下があります。

 gifted
 talented


どちらも「才能のある」という意味です。


posted by 英語ハナシタイ at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他