全ての記事の一覧はこちらから見ることができます。
-> 記事一覧, 記事一覧2

2017年12月11日

「仲直りする」を英語で


喧嘩をした後の仲直りは英語で、以下のように表現します。

 make peace with 〜

これで「〜と仲直りをする」という意味になります。
直訳で「平和を作る」と表現します。

以下の英語表現もよく使われます。

 make up with 〜

使い方は「make peace」と同じです。
辞書によっては、

 make it up
 make it up with 〜


なども載っているようですが、
あまり使われないようです。

またニュースでよく見る単語に、

 reconcile

というのもあります。
これで「和解させる」「仲直りさせる」という意味になります。
以下のように使います。

 reconcile A wit B
 (AとBを和解させる)

また受動態で使うこともあります。
英語の例文です。

 They were reconciled.
 (彼らは仲直りした。)


posted by 英語ハナシタイ at 22:55 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

「〜もまたしかり」を英語で


何かと同じであることを日本語で「〜もしかり」という表現を使いますが、
英語には以下の表現があります。

 The same is (also) true of 〜

これで「〜もしかり」「〜もまた同じことが言える」
のような意味になります。

「of」を「for」にすることもあるみたいです。
微妙なニュアンスはあるようですが、ほぼ同じとのこと。

似たような英語表現に、

 true of 〜

というのもあります。
「〜にも当てはまる」という意味です。

以下のように使うこともあります。

 as is true of 〜
 (〜も同じように)

余談ですが、

 Same to you.

とすると「あなたもね」みたいな意味になります。

ジーニアス英和辞典には以下の英文が載っています。

 Merry Christmas, Johnny!
 (ジョニー、クリスマスおめでとう)
 
 (And the) same to you
 (おめでとう)

「(あなたも)おめでとう」ということです。
クリスマスも近いので使ってみてはいかがでしょうか?


posted by 英語ハナシタイ at 16:55 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

「右手で取る」を英語で


「取る」を英語にすると、

 take 〜

などと表現するかと思います。

では「右手で取る」はどのように表現するのでしょうか。

「右手で」は「by right hand」としてしまいそうですが、
「by」ではなく「with」を使います。

 take 〜 with one's right hand

英語の例文です。

 Take the chopsticks with your right hand.
 (右手でお箸を取ってください。)

また「take」の代わりに「pick up」も使えます。

 pick up 〜 with one's right hand

英語の例文です。

 Pick up the chopsticks with your right hand.
 
代名詞の場合は、

 Pick it up with your right hand.

となります。

「pick up」の方は、ただ取るのではなく、
取って持ち上げるイメージがあります。

「take」の場合は「take up」というのがあるようです。


posted by 英語ハナシタイ at 19:23 | Comment(1) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

「目障り」を英語で


「目障り(なもの)」は英語で、

 eyesore

と言います。

「sore」は「痛い」という意味です。

では英語の例文です。

 That building is an eyesore.
 (あのビルは目障りだ。)

逆に魅力があって人目をひくものは、

 eye-catcher

と言います。

驚くような「目を見張るもの」には、

 eye-opener

なんてものもあります。

「目障り」よりもっと胸くそ悪い場合は、

 disgusting

という英語もあります。

「disgusting」は「非常に不快な」
「むかつく」などの意味があります。


posted by 英語ハナシタイ at 12:02 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

「鐘を鳴らす」を英語で


2017年もあと2か月となりました。
時間が経つのは早いものですね。

私は年越しの瞬間だけNHKで除夜の鐘を見てます。瞬間だけです。
さて今回は「鐘を鳴らす」を英語で表現してみましょう。

「鐘を鳴らす」は英語で、

 ring a bell

と表現します。
見てすぐわかると思いますが、
「ring」が「鳴らす」で、「bell」が「鐘」です。

ちなみに「ring a bell」は「ピンとくる」という意味もあります。
頭の中で鐘が鳴ったイメージですね。

年越しの除夜の鐘の場合、次のような英語表現もあります。

 ring out the year
 (鐘を鳴らして年を越す)

「the old year」とする場合もあります。

 ring out the old year

鐘で旧年を見送るイメージですね。


posted by 英語ハナシタイ at 21:08 | Comment(0) | 英訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


  宜しければクリックをお願い致します。
  モチベーション下がったときの励みになります。
 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへ


TOP 記事一覧 英語教材 英訳 単語 発音 資格 英語勉強法 英語表現 海外ドラマ 冠詞(aとthe) その他